テストで結果を残すには、自分の勉強方法を確認しよう

この記事をシェアする

正しい暗記方法でテスト勉強に生かそう

教科によって覚え方が違う暗記

暗記が重要な英語は毎日やっていく教科の一つです。
答えが明確にある教科は特に毎日やる事が重要なのです。
テストの範囲の中で英単語を覚えておけば、合計点数は全然違ってきます。
日ごろから単語を少しずつ覚えていけば、単純計算で一年にいっぱい英単語を覚えられると思います。
暗記はテスト前日に一気に頭に詰め込むと、頭がパンクしてしまいます。

社会の授業の一つでもある歴史も暗記することが沢山ある教科の一つです。
特に年号と人物名を答える問題は出題されやすいです。
だからと言って年号や名前だけ覚えるのではなかなか答えが出てきません。
歴史のように昔あった出来事を勉強していく場合は、「いつ」「どこで」「誰が」「何のために」「何をした」このようにまとめて覚えておけば、穴埋め問題も、文章問題も答えが出しやすくなってきます。

効率的なテスト勉強

自分の勉強方法は見つかりましたか?
大事なのは、毎日少しの時間でもいいので勉強をする事。
徹夜をしないで夜はしっかり寝て、脳を休める。
テスト勉強は今まで覚えてきた事が正しいのか教科書で確認をする事から初めること。
この事を忘れずにテスト勉強はあせって前日にやっても、なかなか覚えられません。
日ごろの家庭学習は本当に大切です。

テストの前の日は集中力が必要な苦手強化を勉強し、夜はしっかり寝て、朝早起きをして、脳が十分休まった状態のうちに、昨日勉強した部分を確認しておきましょう。
テストまでの時間は、暗記したことを再度確認する時間に使うのが効率的かもしれません。
このように、テスト前の勉強は、毎日やってきた勉強がどれだけ自分は理解しているのか確認する時間にするのが、一番かもしれません。


Topへ
戻る▲