テストで結果を残すには、自分の勉強方法を確認しよう

この記事をシェアする

日ごろの家庭学習がテストに影響

間違った家庭学習

勉強を全くしない日を作り、ストレス発散する日にします、というやり方の人は結構いらっしゃると思います。
たまに勉強の事を忘れて友達と一日楽しく過ごしたいという時もあるでしょう。
決して良くない事ではありません。

毎日毎日同じことをくりかえしていると、人はリフレッシュしたくなりますよね。
しかしこれを繰り返してしまうと、テスト勉強で苦労してしまいます。
今日は勉強の日と決めて,その日は部屋に閉じこもって勉強して、次の日は昨日の疲労から何もしたくなくなってしまう。
このようなパターンは結局、自分に負荷ばかりかけてしまっているのです。
肝心のテストの前の日に無理に徹夜して勉強してしまうと、テストの時間に睡魔に襲われたり、集中力がなくなり、せっかく覚えていたことも、忘れてしまっていたりと、後悔の残る結果になってしまいます。
なのでもっと、自分の楽な勉強方法があるかもしれません。

毎日家庭学習をする大切さ

テスト勉強は日ごろ家で行っている勉強方法がとても影響してきます。
毎日の勉強の仕方によって、テスト勉強のペース配分もかなり影響してしまうのです。
一番重要なのは、毎日少しの時間でもよいので勉強する時間を作っているかです。

毎日学校で習った事を帰宅後に復習して、次の日の予習をする流れが大切で、テスト前に勉強をいっぱいしても、覚えられる事には限界があります。
テスト前にする勉強は、毎日勉強していた事の復習をするくらいが一番良いでしょう。
そして、教科書の見直しが大切で、自分が覚えていることが正しいのかをチェックしておくことも大事です。
毎日勉強をしている人は、テスト前に慌てることもなく、睡眠もしっかりとれますので、テストで失敗することはほとんどありません。


Topへ
戻る▲