テストで結果を残すには、自分の勉強方法を確認しよう

この記事をシェアする

自分に合った勉強方法をみつける

一番勉強するのに適した時間

一日の中で一番脳が活発的なのは、午後4時から午後10時までと言われています。
しかし、その中で急いで色々な教科に手を出してしまうと、混乱してしまいます。

始めにする事は、今日授業で習った範囲の復習です。
授業で習った部分を自分はどれだけ理解しているかを、メモ書きをしたノートを使って復習するのが一番です。
自分がどれだけ理解しているかを知る方法の一つとして、今日習った事を人に説明するつもりで復習していくのです。
習ったところを、人に説明できるという事は、十分理解していると思っていいでしょう。
そして、脳が活発的なこの時間に、暗記や自分が覚えたい部分を勉強することが大切です。
そして、自分では理解できなかった部分はメモをして、次の日に、学校で教えてもらい、答えを導き出すことが重要です。
わからないままにすると、後で困ってしまいます。

勉強ばかりではなく睡眠も必要

一日の中で、睡眠時間はとても大切な時間です。
徹夜をして、テスト直前に一気に勉強しようとしても、自分の頭の中にある暗記できる容量をオーバーしてしまったら、肝心な部分がわからなくなってしまいます。

そして肝心なテストの時間に疲労感や睡魔がでてしまい、テストに集中できなくなってしまいます。
一番良いとされているのは、学校で習った事を、帰宅後、覚えているうちに、復習をする事。
そして、夜更かしをしないで、早寝早起きを心がけて、睡眠を十分とる事が重要です。

睡眠がなぜこんなにも重要なのかというと、寝ている間に、脳は日中働いた分、休ませる時間だからです。
それだけではなくて、今日覚えた情報を整理する時間でもあるのです。
夜にしっかり睡眠時間をとらないと、疲れが日中出てきてしまい、授業に集中できなくなってしまうのです。


Topへ
戻る▲