効率の良いテスト勉強のスケジューリング方法

テストで結果を残すには、自分の勉強方法を確認しよう

自分に合った勉強方法をみつける

勉強時間を多くとったとしても、集中力が無かったり、睡魔に襲われていたりすると、時間を無駄にしてしまいます。 長時間勉強したと、自己満足しても、肝心なのはどれだけ頭に入っているかが重要です。 勉強する時間も、重要なポイントです。 詳しく考えていきましょう。

勉強時間を考えてみる

テストの勉強方法は、本当に様々で、自分の性格や、得意教科や勉強の仕方によって、結果はとても違ってきます。
長い時間勉強をしていたからといって、集中力が無かったり、眠気があったりすると、一日の勉強にあてた時間が無駄になってしまいます。
勉強はどれだけ時間をかけたのかではなく、短時間でも、どれだけ集中して中身を理解したかが重要です。

その為には自分に合った勉強方法を見つける必要があります。
始めに自分は何の教科が好きなのかを知る必要があります。
そして、その好きな教科の好きな理由を考えましょう。
例えば、英語が好きな人で、文章問題は得意ではないが、単語のスペルを覚えるのが好きな方の場合です。
その人は暗記力が優れている可能性があります。
なので、どの教科も暗記力をつかった勉強法を考えるのが一番かもしれません。

このように、自分に合った勉強法を知っておけば、スケジュールはとても組みやすくなります。
一日のスケジュールを決めて無駄な時間を作らないように、そして、最初から無理な予定を組まないように、考えて決めていきましょう。
ここで、勘違いしやすいのは、学校の授業で、ノートをとることに集中してはいけない事です。
授業は、テストの出題される内容を詳しく説明している時間ですのでノートはメモ書きのような状態にして、先生の話の内容に集中すべきです。
後でメモの内容がわからない場合は、先生に聞けば解決します。
テストに向けて工夫して勉強しましょう。

日ごろの家庭学習がテストに影響

毎日勉強をするのは無理だという方は、難しく考えすぎかもしれません。 毎日勉強なんて、最初は大変かもしれませんが、家庭学習の習慣をつけることが成績アップに大きく関係しているかもしれません。 テスト前に焦って勉強するやり方は、はたしてあっているのでしょうか。

正しい暗記方法でテスト勉強に生かそう

なかなか覚えるのが大変な暗記はやり方ひとつで、得意になっていくかもしれません。 テスト前にどのように一日を過ごせばよいのか、覚えておきましょう。 きっと、勉強方法を変えるだけで、良い結果が残せると思います。 勉強はやり方ひとつで、不得意教科も、克服できるでしょう。

Topへ
戻る▲